NHK時計

広告
 
quid est veritas?
est vir qui adest.
おとうさんのお仕事

  1. 出版物・ディスカッションペーパーなど


    • 2018年12月    (1,477KB)  

      「シェアリング・エコノミーのGDP統計における捕捉の現状」、『季刊国民経済計算』第164号 pp.1-19、内閣府、2018年12月



    • 2016年8月    (1,884KB)

      Japan's High-Growth Postwar Period: The Role of Economic Plans, ESRI Research Note No.27 内閣府、2016年7月 (川崎泰史氏と共著)



    • 2016年7月    (961KB)

      「GTAP9とGTAP-Powerデータベースの特徴」 ESRI Research Note No.26 内閣府、2016年7月 (武田史郎氏、山崎雅人氏、川崎泰史氏と共著)



    • 2015年5月    (813KB)  

      「ミンサー型賃金関数の推計とBlinder-Oaxaca分解による賃金格差の分析」 ESRI Discussion Paper No.320 内閣府、2015年5月



    • 2010年12月    

      「確率的景気指標による長崎地域経済の研究: 長崎経済の定型化された事実の検証」、日本地域学会『地域学研究』第40巻第3号 (2010年) pp.795-807




    • 2010年7月    (2013KB)     

      「子ども手当に関するノート: 世代間格差是正の視点から」、長崎大学経済学部『経営と経済』第90巻第1-2号 (2010年9月) pp.257-84




    • 2010年6月    (226KB)    

      "Identifying Trough of Recent Recession in Japan: An Application of Stochastic Business Indicator," 長崎大学経済学部『研究年報』第26巻 (2010年6月) pp.9-23



    • 2010年6月    (328KB)     

      "A Survey on Poverty Indicators: Features and Axioms," 長崎大学経済学部『研究年報』第26巻 (2010年6月) pp.25-47



    • 2010年6月    (539KB)     

      「ギリシアにおける財政危機に関するノート: 日本への教訓」、長崎大学経済学部『研究年報』第26巻 (2010年6月) pp.161-86



    • 2010年4月    (558KB)  

      「Economate長崎モデルの長期外挿シミュレーション: 2030年の長崎経済」長崎大学ディスカッションペーパー No.2010-5、2010年4月 (中村政博氏と共著)



    • 2010年3月    (242KB)  

      "Estimation of Environmental Kuznets Curve for Various Indicators: Evidence from Cross-Section Data Analysis," 長崎大学経済学部『東南アジア研究年報』第51集 (2010年3月) pp.1-18



    • 2010年3月    (439KB)  

      "An Essay on Remittances Effects to Economic Development: A Survey," 長崎大学経済学部『東南アジア研究年報』第51集 (2010年3月) pp.99-110



    • 2010年3月    (379KB)  

      「G5諸国における株価収益率ボラティリティの推計: GARCHモデルの応用」、長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第4号 (2010年3月) pp.1-16



    • 2010年3月    (455KB)  

      「相対的貧困率に関する考察: 第14循環における動向」、長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第4号 (2010年3月) pp.81-97



    • 2009年12月    (1049KB)  

      「我が国における労働調整過程の変容: VAR プロセスの応用」、長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第3号 (2009年12月) pp.123-142



    • 2009年12月    (267KB)  

      "An Essay on Random Walk Process: Features and Testing," 長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第3号 (2009年12月) pp.243-260



    • 2009年12月    (120KB)  

      "Uncertainty of the Keynesian Multiplier in Chile: Empirical Evidence from Stochastic Simulation," 長崎大学ディスカッションペーパー No.2009-15、2009年12月



    • 2009年11月    (140KB)  

      "Uncertainty of the Keynesian Multiplier: Monte Carlo Simulation Evidence from Malaysia," 長崎大学ディスカッションペーパー No.2009-14、2009年11月



    • 2009年11月  

      「確率的景気指標による長崎地域経済の研究: 長崎経済の定型化された事実の検証」、長崎大学ディスカッションペーパー No.2009-13、2009年11月 (日本地域学会『地域学研究』第40巻第3号に掲載)




    • 2009年9月    (1107KB)  

      「九州7県における人的資本の推計 - 大学志願率と非正規比率は人的資本に影響するか?」 長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第2号 (2009年9月) pp.1-15



    • 2009年9月    (429KB)  

      「今次景気後退局面の特徴 - 猛烈なスピードによる調整後の景気展望とともに - 」 長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第2号 (2009年9月) pp.153-167



    • 2009年7月  

      「長崎における確率的地域景気指標の推計: 長崎景気のけん引役は何か?」、長崎大学ディスカッションペーパー No.2009-12、2009年7月



    • 2009年6月    (260KB)  

      「今次景気循環のピークの推計 - マルコフ・スイッチング・モデルによるアプローチ」、長崎大学経済学部『経営と経済』第89巻第1号 (2009年6月) pp.123-134



    • 2009年3月    (465KB)  

      「今次景気循環のピークに関する考察 - 状態空間モデルを用いた産出ギャップによるアプローチ」、長崎大学経済学部『東南アジア研究年報』第50集 (2009年3月) pp.21-42



    • 2009年3月    (248KB)  

      「財政の持続可能性に関する考察 - 成長率・利子率論争と時系列データによる検定のサーベイ」、長崎大学経済学部『経営と経済』第88巻第4号 (2009年3月) pp.65-78



    • 2004年11月    (333KB)     (55KB)  

      "The Impact of Changes in Asset Prices on the Asian Economy: Simulation Results Based on Asian LINK Model," 内閣府主催、 ESRI Asia Workshop on Economic Modeling on "Deepening interrelationship among Asian countries にて発表 (伴金美氏らと共著)



    • 2004年10月    (227KB)  

      「日本の実質経済成長率は、なぜ1970年代に屈折したのか」 (原田泰氏と共著) ESRI Discussion Paper Series No.119、内閣府



    • 2004年3月

      「東アジアリンク・モデルによるシミュレーション分析」 (伴金美氏、中村勝克氏、川出真清氏と共著)、三井情報開発総合研究所への委託調査の成果物



    • 2003年9月  

      「インドネシアにおけるインフレ − 実物要因と貨幣要因 −」 ESP2003年9月号、経済企画協会



    • 2003年8月    (84KB)

      "Why is Indonesia a High Inflation Country?: Real and Monetary Factors," TSQ Discussion Paper Series 2003/2004-No.4



    • 2003年5月    (101KB)

      "Sustainability of External Debt in Indonesia: A Partial Equilibrium Model Simulation Exercise," TSQ Discussion Paper Series 2003/2004-No.2



    • 2003年4月    (100KB)

      "Is Indonesia a High Inflation Country?: A Markov Regime Switching Model Approach," TSQ Discussion Paper Series 2003/2004-No.1



    • 2003年3月    (167KB)

      "A Note on a Theoretical Model for Economic Development: Mathematical Representation of Lewis Model," TSQ Discussion Paper Series 2002/2003-No.9




    • 2003年1月    (111KB)

      "Preliminary Estimation of Impact of Bali Tragedy on Indonesian Economy: Analysis by ARIMA, State Space and Input-Output Models," TSQ Discussion Paper Series 2002/2003-No.8



    • 2002年8月    (628KB)

      "Simulation Results of TSQ Annual Model Through 2025: New Version of TSQ Annual Model AM0207," TSQ Discussion Paper Series 2002/2003-No.6




    • 2002年5月    (471KB)

      "Estimation of Output Gap in Southeast Asian Countries: A State Space Model Approach," TSQ Discussion Paper Series 2002/2003-No.2



    • 2002年2月   (372KB)

      "Exchange Rate Movements before and after the Currency Crisis in Southeast Asian Countries: An Error Correction Model Based on Purchasing Power Parity," TSQ Discussion Paper Series 2001/2002-No.9



    • 2001年12月   (2059KB)

      "Structure, Property, and Simulation Results of TSQ Model: New Version of TSQ Model QM0111," TSQ Discussion Paper Series 2001/2002-No.6



    • 2001年8月

      "Short-Term Projection of Indonesian Economy: Simulation Results of TSQ Model Version QM9911," TSQ Discussion Paper Series 2001/2002-No.3



    • 2001年6月   (566KB)

      "Relationship among Exchange Rate, Money Supply, Interest Rate, and Prices Before and After Monetary Crisis in Indonesia: A Vector Autoregression Model Analysis," TSQ Discussion Paper Series 2001/2002-No.1



    • 2001年3月  

      「アジア通貨危機後のインドネシア経済の挑戦」 ESP2001年3月号、経済企画協会



    • 2000年2月

      「消費者行政の現状と新たな展開」 及川昭伍・森島昭夫監修、国民生活センター編集『消費社会の暮らしとルール - 変貌する社会と消費者』第3章3 中央法規出版



    • 1999年9月    (79KB)

      「日米における失業率、賃金、GDP及び個人消費の関係」 国民生活研究第39巻第2号、pp.13-29



    • 1998年10月   (647KB)

      "ODA and Asian FDI Inflow: Empirical Analysis in Selected Southeast Asian Countries," 経済企画庁主催、International Symposium on "Foreign Direct Investment in Asia" にて発表 (沢田正幸氏と共著)



    • 1998年2月   (736KB)  データは  

      "Protection Data Calculation for Quantitative Analysis of MAPA," ERI Discussion Paper Series No.82, Economic Planning Agency (沢田正幸氏と共著)



    • 1998年1月   (520KB)

      "Short-Term Economic Forecast in Japan," Series B. No. 20, Economic Planning Agency



    • 1997年11月   (304KB)   日本語訳  (414KB)

      "The Impact of Trade Liberalization in APEC," Economic Committee, APEC (APEC日本・シンガポール調査チームによる共著)



    • 1993年3月

      "El Japón: Un Gigante Económico en Asia," Universidad de Chile (チリ大学) 主催、Foro Asia-Pacifico: Desafío y Posibilidad にて発表



    • 1992年10月

      "El Japón: El Primer Socio Comercial de Chile," Universidad Católica de Chile (チリ・カトリック大学) 主催、Simposium sobre "Relaciones Económicas con Países Asiáticos" にて発表



    • 1989年11月  

      『平成元年度 年次世界経済報告』 経済企画庁 (経済企画庁調査局海外調査課にて執筆)



    • 1989年7月     (787KB)

      『EPA世界経済モデルの構造と財政政策の効果』 経済企画庁、経済分析114号 (安原宣和氏らと共著)



    • 1987年9月  

      "EPA World Economic Model," Vol. I Model structure and Vol. II Multipliers (経済企画庁経済研究所EPAモデルグループによる共著), EPA World Econometric Model Discussion Paper No.19, Economic Planning Agency






 



  1. セミナー・シンポジウムなどの出席 (ペーパー提出、コメンテータのみ)


    • 2004年2月        

      内閣府主催、国際共同研究プロジェクト研究報告会「持続的成長と社会システム改革 (社会保障制度改革、財政改革、ITの活用)」



    • 2003年7月

      インドネシア共和国国家開発企画庁主催、Seminar on "Development Planning Exercise in Japan" at Jakarta, Indonesia



    • 2002年12月

      インドネシア共和国中央統計局主催、International Seminar on "Small Area and Grid Statistics" at Jakarta, Indonesia



    • 2001年8月

      インドネシア中央銀行主催、National Seminar on "Monetary Policy Transmission Mechanism in Indonesia" at Jakarta, Indonesia



    • 2000年2月

      ㊖日本適合性認定協会主催、第6回JAB/ISO9000公開討論会、パネルディスカッション「サービス業における ISO9000sの活用状況とその課題 (グループディスカッションの報告)」 「標準化と品質管理」(㊖日本規格協会) 2000年7月号、vol.53 No.7 に掲載



    • 1999年12月

      ㊖日本適合性認定協会主催、第4回JAB環境(ISO14000)シンポジウム、パネルディスカッション「審査登録活動から継続的改善へ − 企業・組織の取組と第三者審査登録制度の役割」 「標準化と品質管理」(㊖日本規格協会) 2000年6月号、vol.53 No.6 に掲載



    • 1998年10月

      経済企画庁主催、International Symposium on "Foreign Direct Investment in Asia"



    • 1998年3月

      経済企画庁主催、International Symposium on "Foreign Direct Investment in East Asia"



    • 1997年3月

      APEC主催、Trade Liberalization Task Force Specialist Meeting



    • 1996年10月

      経済企画庁主催、International Symposium on "Macroeconomic Interdependence in the Asia-Pacific Region"



    • 1994年3月

      CEPAL (国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会) 主催、Seminario CEPAL sobre "Desarrollo Latinamericano con Países Pacificos" at Santiago, Chile



    • 1993年3月

      Universidad de Chile (チリ大学) 主催、Foro Asia-Pacifico: Desafío y Posibilidad at Santiago, Chile



    • 1992年2月

      Universidad Católica de Chile (カトリック大学) 主催、Simposium sobre "Relaciones Económicas con Países Asiáticos" at Santiago, Chile



    • 1989年2月

      経済企画庁主催、6th EPA International Symposium on "How Far Have International Payments Adjustments Made Progress (U.S. and Japan) ?"



    • 1988年3月

      経済企画庁主催、4th EPA International Symposium on "Global and Domestic Policy Implications of Correcting External Imbalances"




| 経済評論の日記 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |